スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

中華店の小さな女の子・・6

魂が動く。

私がアロマオイルを購入しているサイトの運営者さんとメールでいくつかのレスポンスがありました。
彼女には一人高潔な魂を持ったお友達をお持ちでしたが、癌で亡くしたのを知りました。
「彼女は今も魂で私を応援していてくれるのよ(笑)」と言うこの短いフレーズを読んで、何かに触れたのか、涙が勝手に出てきて止まらなくなりました。
そして突然何故か「魂を込めた言葉を使え!」と言うメッセージがひらめきました。
俳句の修行を薦めてくれた友人の口癖でした。

私はここで今色んなものの合流点を見ている。
中心を捕らえると、色んなものが中心に集まってくる。ものが見えてくる。
辛かったのは、私は自分の中心から逃げていたから。だと思う。多分。。。
続きを読む >>

| 心の謎 | 19:41 | comments(0) | - |

中華店の小さな女の子・・5

自力で出来ること。

ブログを書いた後、急に気が変わり結局自分に優しくしないで、自分で出来ることは無いか検索をかけていました。(私って弱いんだか強いんだか?)
ヒットしたところがあったので、リンクフリー頁のみリンク欄に貼り付けておきました。
セラピストの実態が出ていました。面白かったです。
現役のカウンセラーが語っています。
「自分の問題も解決できないのにカウンセラーなど出来ない」
「人の為に何かしたいなら、無料でやればいい」
「自分が経験して乗り越えた問題しか本来は扱わないのが誠意と言うもんだ」
殆ど詐欺師のようなカウンセラーも大勢居るのだそうです。(笑)
「カウンセラーにばかり頼ってないで努力せい!」

だから自分で出来ることは自分でやってみよう。
と言うようなことが書かれてありました。そうそうこれこれ。
 「本を読んでみよう。」
サイトには沢山の心理療法の本が紹介されていました。
 そういえば、最近心理学の本を読んでいなかったなあ。
 余り考えずに、カウンセラーに直行してしまったなあ。
そんなことを考えました。

後は寝るまで、ずーっと自分の辛さに向き合って、真正面からその感情を受け止める努力をしてみました。「私は自分からは逃げない」とぶつぶつと呪文のようにつぶやきながら言っているうちに眠ってしまったようです。
続きを読む >>

| 心の謎 | 21:44 | comments(0) | - |

中華料理店の小さな女の子・・4

ヒーリングクライシス(過度な好転反応)

何かいい事あるかなあと期待していたのとは裏腹に、
体がだるく、頭痛、めまいがあり、注意力が無く、そして感情が不安定です。
兎に角、意味も無く落ち込む。多分ヒーリングクライシス状態だと思います。
過去の嫌な情報にしかアクセスできず、酷いマイナス思考モードに入りました。
会社をさぼりました。

今考えている事は、こんな感じです。
何のために生きているのか解らない。自分の価値がわからない。
だれも、私を理解してくれない。
ご飯を食べたくない。
絶叫したい。
涙がでてくる。
呼吸が苦しい。

一句浮かびました。
「北風にせり立つ波にただ怯え」
潜在意識の恐怖って言う感じです。

気持ちを落ち着けるため、ブログに八つ当たりしている状態です。
こんな時は自分に優しくするようにとの事です。
優しい音楽でも聴いて、アロマバスにでも入りましょう。
そんぐらいしか思いつかない。
きっと抜け出せるさね。
あしたは呼吸法のお稽古死んでもいくぞ!

| 心の謎 | 19:17 | comments(0) | - |

中華店の小さな女の子・・3

フラワーエッセンスの一件があって、私は自分の気持ちを固めました。
今、やるしかないな。

すぐにネット検索を掛けました。
色んなカウンセリングルームがこの北の一地方都市にも沢山存在していることをしりました。
ネットもカウンセリングルームも今の時代だからこうしてアクセスできるわけです。
あり難い事です。^^

私が選んだのは、言葉によるカウンセリングではなく、体に直接アプローチをかけて体から答えをを引き出す、一つのメソッドのような治療を選びました。
→ソマスティック エクスペリエンス と言うそうです。
と言ってもカウンセラーが私の体に触れることはありません。

足を地に確りつけて、体の感覚と向き合いながら、まあ言ってしまえば気の動きを内観するようなメソッドです。
続きを読む >>

| 心の謎 | 22:53 | comments(0) | - |

中華店の小さな女の子・・・2

私が母と別れたのが幼稚園の頃です。
多分幼稚園から帰ってきたら、そこには母の姿は無かった。と言う状況だったと思います。
多分です。記憶から消去したので、覚えていないんです。

このとき最も大切な人、信頼している人は自分から去って行くという変な信念をもってしまったようです。
インナーチャイルドとはそういうものです。
覚えている所では、高校時代、22歳頃、26歳頃、自分の中にある得たいの知れない何か大きな恐怖がピークを持つのです。救いを求め、色んなものに興味を持ちました。
呼吸法、ヨガ、哲学、それと心理学、沢山の本を読んできました。
でも、解決策はどの本にもありませんでした。インナーチャイルドと訳された本は無く、特に心理学のフロイト、ユングのカウンセリングを読むと絶望しか感じませんでした。
ようするに、そんなカウンセリングをやってくれる場所も人も当時は無かったのです。
そうこうするうちに、私は沢山の病気をしました。殆ど全て難病といわれるものばかりです。
色んなご縁を頂き、今ようやっと体の病気から心のケアに手をつける余裕が出てきたのです。そういうタイミングで、私のこの潜在的な問題が表面化したわけです。と言うより、表面化した問題と向き合える勇気が出来たのです。
今はいい時代になりました。インナーチャイルドで検索を掛けると沢山の情報が集まります。
                                     つづく

| 心の謎 | 18:53 | comments(0) | - |

中華店のちいさな女の子

友人のA君と、お昼を食べようと中華店に入りました。
お店はお昼時で凄く混んでいました。
何故か店では年端の行かない小さな女の子が働いていました。

私達は彼女を呼び止め、オーダーをお願いしようとしましたが、やたらと長い中国語で返してきて時間はどんどん経っていきます。
私達は先を急いでいたので、持ち帰りでお願いすることにしましたが、表情を殺して延々とその子は中国語を話し、このメニューはここで食べない限りオーダーは出来ないというような事を言っているようでした。
そのとき私は何か閃いて彼女に「あなたの考えていることは解っているのよ」と言って彼女の広いおでこを指でつっつきました。
続きを読む >>

| 心の謎 | 21:11 | comments(0) | - |

フラワーエッセンス

漢方医学とホメオパシーは、細野史郎先生が、体系的には似ているところがあるとその著書のなかに記しています。
 ホメオパシーは「毒をもって毒を制する」や「似た形状のものが似たものをを治す」と 言う特徴をもっています。
私ははるか10年前にホメオパシーの治療も受けたことはありましたが、さっぱり効かなかったので、興味を持てなかったのですが、最近身近な人がアトピーの治療にホメオパシーの治療を受け劇的に改善されたのを見たり、講演会ですずめ蜂に刺されて腫れあがった手がたった一日で綺麗に治った体験を聞いたりして、その治療の効果に驚いておりました。
それで、ホメオと並んで近年主に精神や心に作用すると言われるフラワーエッセンスにも注目をするようになりました。周りにもプラクティショナーの資格をとった方もちらほら現れ、私を実験台にしたいからと言って一方的にエッセンスを無料提供してくれる方まで現れました。
続きを読む >>

| 心の謎 | 21:59 | comments(0) | - |

<< | 2/2PAGES |