<< 直感脳のこと? | main | 世界平和って臭いかな? >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

不発ながらも

西野塾に行くため、上京していました。
行く前にちょっと嫌なことがあり、頭がぱんぱんだった事と、腰を痛めていたこともあり
6回目くらいまでは全然緩まなかったですが、残りの2回くらいで調子がでました。
アルカイック指導員さんは、個人レッスンに近い形で色々教えてくださいました。
今回は日程の選択に全くというほど感が働きませんでした。そう言う自分にもかなりいらいらしてました。
上京するのにはやはりおぜぜが掛かるので、薄給の私にはこう言うのは結構痛いです。

そんな中でも収穫が無かったわけではなく、上京前にチェックしていた苫米地氏の本を買ってあまりある時間の中で読んでました。

浜松町の本屋で立ち読みして面白そうだったので購入したのが「洗脳支配」という本です。氏はオウム真理教の信者の洗脳を解くほど、洗脳ついての専門家でもあり、彼の背景にある肩書きは、彼の文章の信憑性を証明してくれると思います。

中途半端ではない学歴と、中途半端ではない夢があり、私は結構苫米地氏に傾倒して来ているかもしれません。

帰宅して知ったのですが、仏教についての造詣も深く、天台宗で得度しながら、仏教の原著である阿含経との出会いによって、アートマンの否定を解いてます。
アートマンというのは常住普遍の魂の核を言うのですが、釈迦出現以前のバラモン教あたりがアートマンの思想を作ったわけです。天上です。神々の世界を天上というのはここから来ています。カースト制度の原点です。差別思想です。
オウムはもちろんアートマン思想です。絶対神を作りますから間違えるととても危険な思想です。60年代ムーブメントのヒッピーもこの影響を受けているはずです。要するにファシズムにつながり反社会的な運動を起こす可能性を秘めています。(極論ですが..)
釈迦は常駐普遍のものなど無いという縁起の法を世に残しています。
つまりは、縁によって全ては流転するということです。
原子を細微分化していくと最後は実態の無いウエーブとなり、それは動いて変化するということになります。全ては変化しつづけるというのが釈迦の哲学と言う事です。
氏は物理学もお得意中のお得意ですから、そう言う論点もお持ちです。
常住普遍では無いから、仏陀にもなれるし人は救われるというもんです。
この考えは、見方をかえれば、西野流の言うところの、人間悟ったらおしまいというのと
同じではないかと思います。
お稽古事は一生のものですし、そこに永遠というものが見えてくる気がするのですが。

参考:アートマンWiki

後は先日買った97%脳の熟読をしていました。例によって、ACである私にとっては既知であることも沢山書いて在りましたが、洗脳のテクニックについては整理されて書かれて在りましたので、自分が洗脳にかかっていないかチェックすをることができました。

読んだ後、呼吸法で行雲をやりながら自分が洗脳に掛かっていたことに気がつきました。
私はあることに対して恐れと罪悪感を持っていたことに気がついたのです。

それからいもずるし式に何処で洗脳されたのかが解りました。

恐れは子供の頃に出来たトラウマ、「大事な人は自分から必ず離れていくという信念です。」この信念を解くために色々な門を叩いて来たのですが、その中の一つで、更なる同種の「恐れ」と「罪悪感」が上書き保存がされていたことに気がつきました。
あれから私は自分に対して卑屈になり結構色々な悩みを抱え込んでしまったのもうなずけました。
洗脳されたことを無意識かで実行に移してしまう恐ろしさがありますね。
「大切な人は必ず自分から離れていく」ということを自らがそうさせるように動くのです。これを破壊的衝動心理といいます。私は気がついていたんです。でも理性で対抗するのはぎりぎりのところまで来ていたような気がしました。

私に洗脳をかけた相手も今考えるとACの特徴を備えていました。ご本人は無意識化で行った可能性が強いです。知識は道にあかりを灯すものですね。
でも原点は私の幼少期のトラウマの呼び水であった訳で考え様によっては解決するべき時期がやっと来たと言う事かもしれません。

さて洗脳は言葉によるメッセージで潜在意識化に埋め込まれる(アンカー)事になるのですが、厄介なことは潜在意識は表面意識ではコントロールできず、やはり潜在意識に自己を潜らせるテクニックが必要となるのです。呼吸法も一つのテクニックであることは大体解って来ましたが、私には誰かの介添えが必要であると自覚しました。これは依存することではなく助けを借りるという行為です。

東京のネットカフェで調べたところ、スピリチュアル系の胡散臭いところではなく、実績のありそうな所を見つけました。
以前少し書きましたが、カウンセラー自身が同じ問題を解決した人が実際に親身になってくれるということでした。その方も前はACだったそうです。
明日電話でのカウンセリングをお願いしてみました。
値段も手ごろなので、良かったらしばらく続けていきたいと思います。
苫米地からの脈絡は結構イケテるかも知れない。

| 心のなぞ | 19:43 | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

| - | 19:43 | - | - |

Comment

Submit Comment









Trackback URL

http://imoko.jugem.cc/trackback/222

Trackback