<< 空間の保ち方 | main | 街のあかり >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

何を見て

アルコールが入って、頭に浮かぶ詩がある。


何を見て生きてきたの?

私が見えなかったもの
沢山見てきたのね

真っ直ぐなひとみ

曇りは無いけど
私が見つめるのは怖い気がする

私には見えないものを見てきた分
貴方のひとみに宿った魂

きっと重い

私の知らない膨大な時
私の知らない深い哀しみ
深い愛

私には見えなくても
それは感じる

それを通って
そこを通って

少し遅れて
私は可也遅れて

重みに耐えれなくても
私は真っ直ぐな目線で

痕跡を追って生きたい

| 俳句・川柳・短歌・四文字熟語 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

| - | 00:00 | - | - |

Comment

Submit Comment









Trackback URL

http://imoko.jugem.cc/trackback/208

Trackback