<< 哀しみが翼に変わるとき。 | main | 孤独に付いての思い込み >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

続三丁目の夕日

コトー先生を見たあと、結構俳優として好きな吉岡君つながりで、以前から見たかった続三丁目の夕日を借りてきて見ました。

この映画は素敵でした。

薬師丸ひろこも良かったです。
シンプルなストーリーでも、俳優の力量で感動させられますね。

そして吉岡君はやっぱり、良い。体当たりとは言ったもので、剥き身でこられるとこちらも剥き身になっちゃいます。

何か深くて、広いものに触れた経験がないとああいう表現は出来ないだろうなあと感じますが、彼が何かのインタビューで「守るものが出来たとき、人は成長する」というような事を言ってました。
内田由紀ちゃんと結婚した当時だったのかな?守ろうとして守れなかった。
でも、守ろうとして、見えた目線もあったんじゃあないかしらね。

俳優として成長するには、その映画世界の空気感を大切に守りたいと思うだけでも、色々我慢したり、自分を犠牲にしたりしなきゃならないだろうし、自分を成長させることが出来るのではないかなあと思いました。

彼は、真剣な分悩みも苦しみも多いでしょうね。
でも、だからこそ、、ですね。

私はそう言う生き方嫌いじゃないです。

| 映画 | 00:42 | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

| - | 00:42 | - | - |

Comment

Submit Comment









Trackback URL

http://imoko.jugem.cc/trackback/197

Trackback