<< 日記 | main | 西野流 一人修行 2 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

西野塾 一人修行のたび 2

今どこにいるかと言うと、西野流本部のすぐそばのインターネットカフェです。
昨年のお盆はニセコに遊びに行った以外何もすることがなく、(あったけど家の中が高温のため何もできなかった)今回は思い切って上京してしまいました。
お盆とあって、飛行機代が高かったけれども、ホテルの超安いのにしたので、5月比較でちょんちょん。

13日に東京入り、いつもの作法とおりにことを済ませて、塾は14:00と16:00の回を受けました。
今回はホテルに荷物を送れなかったので、荷物つき。
タクシーに塾の住所を伝えると、なんと以前の本部前につれていかれた。
会員証の住所が古いままだったのです。

右も左もわからないおのぼりさんの私は困りました。

とりあえず、子供の城で下ろしてもらいましたが、そこら先がわからない。ぐるぐるある歩いて、塾に電話をかけました。

すぐそばまで来ていたのにねえ。

汗だくで入場すると、目の前になにやら光り輝く存在があります。
「あっつ由美先生だ」

会釈をすると、それはそれは美しい笑顔で「こんにちは」とおっしゃってくださいました。ハート

ほんとに50を過ぎているなんて、私のほうが老けている。^^;

住所の記載がちかっがたおかげで、ちょっとラッキーな思いもできました。
とは言え30分の遅刻です。

行雲には間に合いませんでした。

やっぱり私は2階派です。

アルカイック指導員との久しぶりの対気でした。
まだ緑のゴムの私でした。

吹っ飛んで走る私を先生は覚えていなかった。

「あなた 走るんですね」

「危ないから、まだ気があがっているから、指導員には走るといって抑えてもらってください。」

何回か先生に腕をつかんでもらいましたが、いつそうなったかわかりませんが、右手の中指が突き指していました。」

| 西野流呼吸法 | 13:09 | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

| - | 13:09 | - | - |

Comment

Submit Comment









Trackback URL

http://imoko.jugem.cc/trackback/188

Trackback