<< 動きたいように動くとき(西野流による発見) | main | ホラー映画のワンシーン >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

西野流覚書

連載中の合間をぬって、メモとして記録。

今日は対気の順番待ちのとき、行雲をやっていた。

上手く中心が取れたなと思った瞬間、足芯から結構強い気が上がってくるのが解った。
体の中心を捕らえるのは難しいけれど、行雲は結構捉えたときの感覚がわかり易い。
中心と気の関係もなんとなく納得することができた。
行雲は私にとっては救世主のようなメソッドだ。

追加:両足に体重を乗せないでふわっと立つ。そう頭から紐でつられているように。
そうかこの感覚のことだったんだ。気だけでたつ。

| 西野流呼吸法 | 22:34 | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

| - | 22:34 | - | - |

Comment

Submit Comment









Trackback URL

http://imoko.jugem.cc/trackback/174

Trackback