<< 正座呼吸で恍惚状態 | main | 紫根の石鹸とレッドパームオリーブ石鹸 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

札幌交響楽団定期演奏会

金曜日の夜は札響の定期演奏会を聞きにキタラに行ってきました。

演奏前のキタラ大ホール

ここのホールは本当に美しいですね。
内部が木製なので、多くの演奏者達に絶賛されているそうです。
音が柔らかく、自然です。
素人耳の私でも、一度ここで演奏会を聞くと、他では満足でき無くなりました。

肝心の曲目は、一部が大好きなラフマニノフのピアノコンチェルから3番が演奏されました。

ピアニストはコンスタンチン リフシッツさん
指揮者は高関 健さん 

二部は ストラヴィンスキーのバレエ曲「春の祭典」でした。

ラフマニノフは細胞が跳ね上がっていました。
フィリッツさんのド迫力の演奏と終盤では会場の皆がのめりこんでいくようなやはり一つになっていく感じ、コンサートの醍醐味ですね。

春の祭典は私は知らない曲だったので、余り盛り上がりませんでした。
クラッシックはやはり知らない曲の予習をしていないと損をするかも知れませんね。

会場も二部はあんまり盛り上がっていませんでした。
声楽の先生は名曲だとおっしゃっていましたが、、、
それで今日は、久しぶりに石鹸を仕込みました。
レッドパーム・オリーブ石鹸です。
差し上げた、殆どの方が、これは素晴らしい!泡立ちから、香りからこんなの初めて!と
お褒めの言葉を頂きました。
自分で使ってもこのレシピが最高です。
朝起きて、肌がつるつるしているのが解ります。こればかり作っていればいいのに、つい
違うレシピに挑戦してみたくなり、失敗したりしています。
本当にしばらくぶりにこさえました。
で、石鹸をぐるぐるするときのBGMに今日はラフマニノフのピアノコンチェル2番と3番を聞かせました。(単純な私)
石鹸にもいい音楽を。出来上がりは後日UPします。
(・e・)

| 音楽 | 21:18 | comments(0) | - |

スポンサーサイト

| - | 21:18 | - | - |

Comment

Submit Comment