<< 西野流呼吸法覚書 | main | クーラーの恐怖 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

An Evening with Windahm Hill Live (ウインダムヒルの夕べ)


この動画はタイトルとは関係ありません。

私が20代の頃大好きだったウインダムヒル。
当時レンタルレコードで借りて、カセットに録音したウインダムヒルの夕べ。
このアルバムは調べてみると1982年10月録音になっています。
もう22年も前のアルバムなんですね。
録音した宝物のカセットテープを誰かにかしてそれっきり戻って来ませんでした。

そしてもう一度聞きたくて探してみましたが、レーベルの移籍かナンカの関係でこのアルバムは廃盤になっていました。
4曲目のSpare Cange は今は亡きマイケルヘッジスの名曲中の名曲で、どうしても忘れることが出来ず、本当に18年間探しつづけていました。
今日ついにTUTAYAのレンタル(無料お試し中)で借りることができ、先ほど急いで聞いて見ました。当時の私のステレオは古かったけれど、ド迫力のウーハーがついましたので、現在の比較的高価だったONKYOのスピーカでは全然物足りないです。
低音がお腹の底にマイケルマリングのベースが心地よかったな〜

見に行ったウインダムヒルのライブも懐かしい。
名プライヤーぞろいの素晴らしいライブだったのに満員ではなく、札幌人の芸術的感性を疑ったものです。

ジョージウインストンのピアノも良かったけど、やっぱりマイケルヘッジスの演奏は凄かった。彼の優しそうな瞳が、今も私の脳裏にちゃんと残っています。



An Evening with Windahm Hill Live

1. Rickover's Dream (Michel Hedges)
2. Turning: Turning Back (Alex de Grassi)
3.Clockwork (Alex de Grassi)
4. Spare Cange (Michel Hedges)
5. Visiting (Will Ackerman)
6.Hawk Circle (Will Ackerman)
7.Reflections/Lotus Feet (George Winston)

| 音楽 | 23:04 | comments(0) | - |

スポンサーサイト

| - | 23:04 | - | - |

Comment

Submit Comment