<< 肝臓病3 | main | 漢方入門 1 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

肝臓病4

ある日兄が「チーズや牛乳はお前の病気には良くない」と言い出しました。
現代栄養学しか学んでこなかった私にとっては暴言としか思えませんでしたが
幸いにも本を読むことを好む私は兄が買ってきた“奇跡の玄米食”を読む機会を得ました。なるほど〜と思わされる事が沢山書かれてありました。
まったく物を見る観点が違うのです。新しい価値観で物を見た時今まで感じることが無かった幸福感すら同時に感じていました。
そしてこの本が後に私の人生の基盤となる東洋医学的哲学への窓口なったわけです。
本の内容にある程度納得した私は、直ぐに乳製品や肉食を止めました。
と同時に義姉が作ってくれる玄米食に切り替えて1ヶ月も過ぎた頃体調の良さに気づき始めました。
便秘は自然のお通じに変わり、頭痛はきれいに消えうせ、何より倦怠感が無くなり食欲も増してきました。いつもぐったりとソファーにもたれ掛かっていた
姿はもう無く、いくら歩いても平気な体にまでなりました。

はっきりと言います。その後一度として肝臓の数値が上がったことはありません。あれほど苦しめた私の病状はわずかに一ヶ月の期間で完治してしまいました。
医師の言う所の肝臓の数値が下がったと言うことでは無く(数値が下がっていても体調の不良は入院前より悪化した点が多かったです。)肝臓病に付随していた機能的、気質的不調がすべて無くなったのです。私は本当に炊き上がった玄米のご飯に密かに合掌したものした。     肝臓病につては、これでおしまい。

| 闘病 | 18:45 | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

| - | 18:45 | - | - |

Comment

Submit Comment









Trackback URL

http://imoko.jugem.cc/trackback/14

Trackback