<< 人間と芸術 | main | 仲間 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

風邪かな

ここ一週間ほど体調が優れません。喉が痛くてだるく、肩がこっています。

でも風邪の初期に見られる脈が浮いた状態ではないので、漢方薬を選らぶのも難しいです
肩が凝っているので、普通には葛根湯なのですが、太陽病の浮脈が現れていません。
桂麻各半湯も太陽病症なので今回は当てはまりません。
それでも喉の痛みを目標に飲んではおきましたが、やはりピタリと治る様子も無いんです。肩の凝りと気が上がっている感じがするので、「香蘇散」を飲んでみると割合楽になりました。「香蘇散」は気剤ですが、陰虚症の人の「葛根湯」の代替としえ使えるようです。

それとは別に、昨日夜にアルコールを飲んで寝ようととすると足腰がリウマチ様の痛みに
襲われました。子供の頃からの持病ですがリウマチにまではなっていません。
ただ眠れないほどの痛みなんです。
今では漢方薬で簡単に治せることを知りました。
水を体が上手くさばけないのです。しかしおかしいです。今日は特に雨降りでもなく、路面も乾燥していましたので、水邪を疑うとしたらアルコールくらいですが、、、、
水捌きとして「苓桂朮甘湯」と痛み止めに「真武湯」を飲みました。
すぐに痛みは消えていきました。
翌朝雨がしとしと降っていました。
人体天気予報はよくあたります。(笑)

やっぱり漢方勉強しておいて良かったです♪

| 東洋医学 | 22:21 | comments(0) | - |

スポンサーサイト

| - | 22:21 | - | - |

Comment

Submit Comment