<< 中華料理店の小さな女の子・・7 | main | 中華店の小さな女の子・・9 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

中華料理店の小さな女の子・・8

私一人が調子を崩すことで、周りのみんなに心配を掛けてしまいます。
ほっといてくれれば私は自力で回復し、何処かでみんなと合流できるのに。
周りはほっておいてはくれません。
それでも、仲間達は普通のグループより大人です。
病気を扱っている人の集団だからです。
だから、触れないで居てくれる人たちが殆どでした。

それでも、私は申し分けないと思いました。
このままだと、自己嫌悪の負へのループが始まってしまいます。
私が申し訳ないと思った以上、私は次のお誘いに乗るわけには行かなくなってしまう。
ジレンマが発生しました。

たったこれだけのこと=睡眠障害があるために、自分の楽しいと思うことを断念しなければいけないのでしょうか?

帰りの道中、車に乗せてくださった方が、私の問題に切り込んできました。
                                    つづく


| 心の謎 | 21:44 | comments(0) | - |

スポンサーサイト

| - | 21:44 | - | - |

Comment

Submit Comment