スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

心境の変化と方向性

年が明けてすぐに仕事が忙しく
呼吸法もやっと2回目をクリア〜

昨日のお稽古は足に気がどんどん落ちていくのがわかり
又違う走りになった事に気が付きました。
お稽古にいけなくても家での基本がものを言うようです。
少しのメニューでも毎日やることが大切なのでしょう。

月曜の祭日は仕事でしたが、お昼は抜け出して友人と1年ぶりのランチをしました。
彼女は共働きで、収入も多く裕福な生活を送っています。

夫婦共に外車所有で見るからに優雅な感じです。

私は彼女が羨ましかったのです。

ところが、先日新しく買った新車を見ながら、全然なにも感じていない自分がいました。

彼女は、色々とこだわりのある方で、あそこの店やここの何とか、色々詳しいです。

そんな彼女が羨ましかった。。。のですが、全く何も感じないのです。

なぜだ〜貧乏で何一つ自慢できることの無い私が、全く彼女の生活が羨ましく感じませんでした。
続きを読む >>

| 心に思う事 | 23:27 | comments(0) | trackbacks(0) |

日本人の魂

先の大戦で無くなった英霊の方々。

国のため、家族のために散っていきました。

純粋で真っ直ぐで、勤勉で、勇敢で。

きっと多くの方達が古い日本人としての魂を持っていたのだと思います。

そんな方々が沢山沢山亡くなったのです。

だから、今こんな日本になってしまいました。

古い魂をなんとか復興させることは出来ないのでしょうか?

今日は「大空のサムライ」の本の紹介を見ました。
私はこの本につては旧知でしたが、まだ読んでいません。
今年のお盆休みはこの本、読んでみようかな。

| 心に思う事 | 23:45 | comments(0) | trackbacks(0) |

クーラーの恐怖

私は兎に角クーラーにメッポウ弱い。

4月に入ってから暖房が自然空調に切り替えられたが、その日を境に私は寒さとの
闘いが始まった。
季節も変わり、服装も春らしく軽やかなものにしたかったが、厚手のストッキングをはき、その上に裏地つきのパンツで、首まですっぽりのカットソーをきてつまりは、冬の装い以上に厚着になっている。
それでも、服のすそなどから冷気が体の芯を冷やしていく。

冷えによって、気逆がおきて頭はのぼせて、下半身の芯が全く冷え切っている。
風邪は治らず、体調不良をおしての東京行きとなった。
続きを読む >>

| 心に思う事 | 21:43 | comments(0) | - |

技術者の良心(たこおやじ)

土木の世界では。
「女子供が。。。。。」と言う差別用語が頻繁に使用されます。

私は体を壊したことが原因でハードな設計の現場から、審査室に移りました。

審査の打ち合わせに私が参加した途端空気が変わるのがわかります。
殆ど皆が舐めてきます。

私が審査した図面や計算書を前に、全く次元の低い話しでお茶を濁そうとします。
ようはこの女性に言っても解らないだろうから、適当に言い訳をして、修正を回避
しようとするのが瞬間に解ります。
私はそう言う輩は容赦をしません。
間違っているところははっきりと、相手が納得するまで言葉にして伝えます。

そして、いつもなあなあにお茶を濁してその場しのぎをする上司、相手に迎合して
進歩が無い人です。
私がその上司に向かってはっきりと言葉を発するのを見た途端、たこおやじの顔も
一変します。
立場によって顔色を変える輩、そんなのは技術者とは言えないと私は思うのです。

| 心に思う事 | 23:51 | comments(0) | - |

技術者の良心(仕事の愚痴)

私の技術がそんなにあるとは思ってはいない。
でも、私には技術者としての良心がある。

最近の図面はCADの発達によって、必要な情報が無い図面が多い。
CADで正確に作図して、鉄筋の長さはCADでスケールアップすれば算出できるという事で構造の寸法が省略されてしまっている。
だから、計算で出そうとしても必要最低限の寸法を又計算で出しなおさないと計算が出来ない。

昔の図面は配筋図があれば、構造も配筋も全て理解できるように作図したものだが、GW前から扱っていた図面は、配筋図だけでは到底情報が足りない。
なんと平面構成が全く入っていない上、斜角方向で断面計算を行っており、勾配や角度が複雑に入りくみ、さらに、同一断面上に段差のある構造、別紙でCAD作図を何度も繰り返さないと、鉄筋の数量が算出できない、恐ろしい図面だった。

頭が破裂しそうなほど考え抜いて正確な角度は結局出なかった。1度くらいの誤差がある。一度は大きいよ。

せめて構造図があればもっと頭を整理できるのに、一般図に毛のはいた程度の情報しかない。これほど複雑でありながら、必要情報が無い図面を始めて見た。

「次の人が見ることを考え算出根拠を残せ。」
昔の上司に教わった言葉でした。
私は時代が変わっても、この言葉は自分の中にいつもあるのです。

| 心に思う事 | 23:56 | comments(0) | - |

仲間

会社に私より若い上司がいます。
優秀な方で、おもろいし、人柄も良いし、
もとヤンらしいので、色々ご苦労の経験もあったと視察できます。

真っ直ぐしか生きられないから風当たりも強い。
でも心が強いから、風の強さを楽しむ余裕もあるのかも知れない。

その彼と同席した飲み会は昨夜と言うか午前様の3時30分でした。

同僚の悪口に対して、「オレは人の悪口は嫌いなんだ」
愚痴に対して、「受け入れることが大切なんだよ」
相手の欠点について語りだすと「ドンマイ」といいながら、話題を楽しいものに変えて生きます。
「仲間なんだから大切にしろよ」

東京の友人も私に教えてくれました。
「好き嫌いは別として、現場の仲間は大切にしたほうがいい」
心にずしっと来た言葉だったんですよ。

| 心に思う事 | 22:02 | comments(0) | - |

人間と芸術

基本が大切。
最近本当にそう思うようになりました。
何をしても基礎が出来ていないと、頭でイメージを掴んだとしても形には成ってくれない。

上の甥っ子が進学した4年生の大学を中退して、美術の道に進むことになりました。
そもそも、件の大学はとある他人が甥に影響を与えて自分が卒業した大学に入れたようなもんで、いつか破綻をきたすと密かに思っていたことが的中しました。
私は超能力者かもしれない。(笑)

と横道にそれてしまいましたが、その甥にアドバイスしたのが、美術をやるならとにもかくにもデッサン在るのみ、人を説得させるだけの表現をしたいのならば絶対にデッサンを怠らない事と。。。

そう言いながら、私はあることを同時に考えていました。
続きを読む >>

| 心に思う事 | 22:54 | comments(0) | - |

チベット

チベットと中国の問題。

心が痛みます。

先日声楽のレッスンに行ったとき、チベットのラサを旅行された先生にチベットについてご意見を伺いました。

やはり、旅行者と言えど公安が常に監視されているそうです。
そして、チベットの方達は無差別に殺されたり、尼僧などは見せしめにレイプされたり
酷い仕打ちがたびたび行われていると教えてくださいました。

以前ガイアシンフォニーの映画でダライラマのお話しも伺いましたが、当時と今は何も変わっていないのだと言うことにショックを覚えました。
続きを読む >>

| 心に思う事 | 23:42 | comments(0) | - |

日本総愚民化

ホストクラブNO1の男性ホストの仕事振りを放映していました。

馬鹿な女性達が、ドンペリを何本も頼んで、一晩で100万円近くを支払う。

風俗嬢と派遣OLの闘いとか言って、
馬鹿な女性達の売上貢ぎ合戦が始まる。

実はこれは、深夜番組ではないんです。
朝の出勤前の番組です。

子供も見るでしょう。
一体全体今の日本人の大人の頭の中はどうなっているのか?
不愉快極まりなかったです。

しかも、「一ヶ月のお給料が1000万円以上だなんて、夢に向かっている方達には希望を与えてくれますね。」というナレーションで締められていました。

開いた口が塞がりませんでした。

そこで又少し前に放映されていたTVCMで不愉快な思いをした事まで思いだしてしまいまいした。

とある有名清涼飲料水の会社のダイエット飲料のCMでした。
若い綺麗なモデルさんがその飲料水を片手に持ちながら、音楽に合わせながら足でドアを開けるというシーンがありました。

私は絶句しました。

品性も知性も失った日本人はこれから何処へ向かうつもりなのでしょうか?

| 心に思う事 | 23:22 | comments(0) | - |

時代の動きの中で感じる違和感

自分の問題もあり、インナーチャイルドで検索を掛けていました。
インナーチャイルドに必ずといいほどくっついてくるのがスピリチュアルという言葉です。
私は「インナーチャイルド」と言う言葉は余り好きでないです。
自分では仕方なく使っています。
「癒し」も「スピリチュアル」という言葉も本当は好きではありません。

言葉そのものに罪は無いのですが、どうもその背後に何か胡散臭いものを感じてしまうのです。何度かこのブログに書きましたが、どうも違和感を感じるのです。

結局。これらは流行語です。何で流行するかと言うと、この言葉を枕詞にするとお金が儲かるからなんではないかと思うのです。

私は決して裕福な部類の人間ではないのですが、余りお金に執着が無いのです。
生きて生活できれば良いと思うのです。

続きを読む >>

| 心に思う事 | 00:14 | comments(0) | - |

| 1/3PAGES | >>