スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

拾い読み。

古いノートより(師匠の講義禄)
--------------------------------------------------------------------------------
・太陽神経業(ソーラープレクサス)を鍛えると、観想が楽に出来るようになる。
背骨を内視できない私はこの言葉をみつけ光明を得た気分
・物を考えるときは半眼で考える。
・息を止めると、陽圧になる、なるべく陰圧になるよう呼吸筋を動かす。
 呼吸筋は肺を動かす。(肺は自力では動かない)
・任脈、督脈はお母さん体内で使用していた神経(休火山)
・心に結び目を作らない。
・力はもったときにセーブしなければならない。蓄えて、蓄えてい
くこれがなかなか出来ない。反省でも少し迷いが消えた。
・修行せずに得た力は一年くらいで消えていく。2008/6/14 11:55
--------------------------------------------------------------------------------
西野塾(本部)アルカイックスマイルの指導員より頂いたお言葉
・対気の時は自分を忘れなさい。
・もっと下に落として
・膝が緩んでいないので小さく動かしても十分です。
・手を合わせた瞬間 手は無いと感じなさい。手は意識せず、相手を全身で感じなさい。
脳髄に来た言葉、映像として残った言葉です。
2008/6/15 15:56
--------------------------------------------------------------------------------
グルジェフの言葉
・思考は物質である。
・知識は隠されてはいないが,人々がその事実を理解できないのだ。
・自己を変革する力は知性にあるのではなく,身体と感情にある。
・自分に誠実であることは非常にむずかしく,人は,真実を見ることをとても恐れるとい うことを理解しなければならない。
この中で一番ずしっと来たのが、思考は物質である。
との一言、これが長年わからなかった。観想を正しくすることは、物資の質を高めるのではないだろうか?身体と観想で直視する事が出来ない、自分が見えてくればきっと先の道も見える気がしたが、先走らないようにまずゆっくりと体を作ってみたい。
2008/6/15 20:48
--------------------------------------------------------------------------------
とあるHPより

・意識は遠くへ飛ばしたほうが、より自分の深いところへ届く。
なるほど、呼吸法のメソッドでもこれは使えそうです。
2008/7/5 19:54
--------------------------------------------------------------------------------
東京の友人よりのメールから「未充足の気 充足の気」(2006年8月23日)

未充足というのは天然自然にそのままある「気」のことで、いくら強くてもコントロールすることができません。
充足の気は呼吸法の修練とともに自在にコントロールすることのできるようになる気で、西野流はこれを目指しています。
ちなみに、稽古中に何度と無くある「三元充足」「四元充足」「一元充足」というのは、この練習です。


大切な事だと思っていた。
でも頭だけ。
最近少し体で解ってきた気がする。
奇しくも約二年前に頂いたメールを今日思い出した。


2008/7/26
-------------------------------------------------------------------------------
空間と時間は同じ(桜沢如一)

これは昔読んだ桜沢先生の本に書いてあった一文だと思う。

多少表現は違っていたけれど、私の中ではこのように捉えていた。
先日呼吸法で気の風船の圧縮をしながら「ひょっとすると時間も圧縮できるのかな」と閃いた。私独特の解釈で、荒唐無稽なことは解っているけれど、こんな感覚は何か飛んでもない思考を生み出すことがあるので、一応キープして置くことにする。
時間が圧縮されると、運命の軌道が変わるのではないだろうかとだけ。(予想)。

2008/8/2
--------------------------------------------------------------------------------
2008年度お盆の一人修行でアルカイック指導員さんとの会話から

これだけ毎日、毎日いろんな人と対気をしているでしょう。本当に色んな人がいて、頭で色んなことを考えているのよ。」想像を絶する世界があるのでしょうね。力で押す人も多いのでしょうね。との問いに「そりゃもう凄い力で押してくるけどね、力で押す人も気を持っているのよ。その気を引き出してあげるのが私の役目なのよ」さすがアルカイック指導員さんです。私が惹かれるのはきっと心にこう言う心構えがあるからなのでしょうね。西野先生の隠れた指導をかいま見た気がしました。
体 張っているんです。大切なことです。

| メモ帳 | 11:12 | comments(0) | - |

| 1/1PAGES |