スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

何を見て

アルコールが入って、頭に浮かぶ詩がある。


何を見て生きてきたの?

私が見えなかったもの
沢山見てきたのね

真っ直ぐなひとみ

曇りは無いけど
私が見つめるのは怖い気がする

私には見えないものを見てきた分
貴方のひとみに宿った魂

きっと重い

私の知らない膨大な時
私の知らない深い哀しみ
深い愛

私には見えなくても
それは感じる

それを通って
そこを通って

少し遅れて
私は可也遅れて

重みに耐えれなくても
私は真っ直ぐな目線で

痕跡を追って生きたい

| 俳句・川柳・短歌・四文字熟語 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |

銀の糸

細くて良い

縒りを強くして

見えなくて良い

もっと もっと 縒りを強く

捻りと螺旋

私の中心に向かっていく

何が見える?

私なのか それとも世界なのか それとも貴方なのか

何でも良い

見えてくるなら それらは きっと一つに繋がって行く

たとへ、この世で、今の命を終えても

見えなくなってしまって良い

銀の糸 細く強く 

時々 光にあたって 銀に耀く 

| 俳句・川柳・短歌・四文字熟語 | 21:45 | comments(0) | trackbacks(0) |

| 1/1PAGES |